バランス釜から給湯器へのリフォーム工事

 

バランス釜をご存じですか? ハンドルを押しがらレバーを回して着火させるタイプの給湯器です。今でこそだいぶ見る機会が少なくなりましたが、それでも古い戸建てタイプには現在も使用しているお宅がたくさんございます。

しかし、点火しずらくなったり、お湯が細かったりと問題もたくさんあり、弊社でもよく交換させていただいております。そこで今回は、給湯器に交換に関するお話です。

バランス釜から交換するのに、給湯器とユニットにするのとどちらがいいのか?について

給湯器を交換するなら、浴室ごとユニットバスにしてしまうというご希望もあります。ユニットバスに関してもメリットとデメリットがありまして、お客さまのご自宅の構造や勾配にもよりますので、一度現地調査をしています。まずは、ご相談ください。

今回は、給湯器に交換する工事についてご紹介します。

給湯器はお湯がいつでも自由に使えて浴室が広くなる

バランス釜は、湯量が細くて大変でした。浴室でお湯を使っていると洗面の湯が細くなるなどのデメリットがありましたが、給湯器なら関係なくなります。お湯もすぐにでますので、光熱費にも影響してきます。

何より、見た目がスマート! バランス釜が浴槽の幅と同じくらい大きい物がなくなるんですからスッキリしますよね。その分浴槽もサイズアップでき、操作は壁掛けのリモコンになりますので見た目もスッキリします。

ヒートショック緩和

浴室内では、温度差によるヒートショックが問題です。部屋の中があたたかく、脱衣所が寒く、浴室内も冷えていて、熱いお湯に入るなどすると大変危険です。ボタン一つでお湯が出せますので、簡単に浴室内を温めることが可能です。

その時一緒に、浴室内にエアコンを設置される方も増えてきました。それくらい浴室の温度は重要です。ちょっとのつもりが命取り。気になる方は一緒にご相談ください。

まとめ

設備機器は、次々と新商品が出てきます。すぐに新しい物に交換する必要はわたしはないと思いますが、ただ、時代とともに交換したほうがいいというものもございます。

そのあたり、ご家族や家の状況とあわせて、設備も変更されることをおススメします。水回りは毎日のことですので、少しでも使いずらいと何気にストレスが溜まっていきます。

小さな問題なうちに、解決させてしまいましょう。どんな小さなお悩みでも、お気軽にご相談くださいませ。