台風被害から救急搬送。屋根の作業は十分注意してください

この度の台風15号により被災されましたみなさまへ、謹んでお見舞い申し上げます。千葉県でも大きな被害を受け、今なお停電が続いているエリアも多数ございます。一日も早い復興を祈りつつ、弊社も随時対応しておりますので、どうぞご安心くださいませ。

屋根に上るのは大変危険です

ケガによる救急搬送が増えているそうです。屋根の瓦が飛びそうだったり、雨漏りしたり、テレビのアンテナが倒れたりと、台風の影響で屋根に上り応急処置をしている人が大勢います。

しないでくださいというのは難しいでしょうが、足場は悪く損傷もあり、若い人でも落ちて大けがをしているという話を耳にします。

わたしたちのようなプロでもこういう状況では十分気を付けて、時には命綱をして作業します。

どうぞくれぐれもお気をつけてください。

損害保険が適用されるケースがあります

自分で修理してしまうのもいいですが、危険な思いをして焦るより、ひとまず冷静になっていただき、緊急性と優先順位を確認していきましょう。

テレビのアンテナ修理も保険がきくケースがあります。作業前後の写真や必要なことが保険会社により違いますので、緊急性にもよりますが、まずはご加入の保険会社に確認してから修理しましょう。

日ごろのメンテナンスが重要です

自然の破壊力に人間はなすすべはありません。ただ、日々のメンテナンスをしているだけで、被害を最小限に食い止めることができます。家も人間と一緒で、メンテナンスが必要です。気になるところは先送りせずに、傷の浅いうちに直すことで、安く安心して過ごすことができます。

少しずつ日常を取り戻しつつある関東ですが、また雨が降れば二次災害の危険があるエリアもあるようです。ニュースやSNSなどで、正確な情報をキャッチし、時には安全な場所に避難しましょう。

ドローン撮影による屋根破損場所のチェック

このようなときに有効なのが、ドローン撮影です。災害現場でも大活躍のドローンですが、こういう足場が悪い状況のときにさらに利便性を発揮します。

屋根に上ることなく状況を把握でき、お客様ご自身でも状況を確認できるので、とてもわかりやすいと好評をいただいております。

このような状況ですので、お時間をいただくことがあるかもしれませんが、必ず伺いますので、まずはご連絡だけ先にお願いします(早くうかがえる場合もあります)。

とにかく無理せずケガなどに気を付けながら、何かあれがお気軽にご連絡ください。