炭の力でお部屋や店舗のニオイを撃退します!

世界最高水準の室内環境へ

良質な空気を手に入れるため、古より日本風土で使用されてきた伝統素材『炭』。
その中でも高温で焼かれた『木炭』をベースに現代の最新技術で生まれ、
さまざまな実証データを持つ木炭塗料です。

木炭の吸着分解機能で室内の空気をきれいに

炭塗装は、木炭を独自の技術でミクロン単位に粉砕し、塗料化した機能性塗料です。タバコやペットの臭い、体臭などの嫌な臭い、台所から発生する悪臭、湿気、接着剤などの建築材料や家具などから発生するホルムアルデヒドをはじめとする化学物質…
室内の壁や天井に塗られた炭塗装の表面にある無数の穴がこれらを吸着し、木炭の電子の力で分解。よどんだ室内の空気を澄んだ空気に変えて、体に優しい室内環境を生み出します。

優れた電気特性で吸着分解し、長期間きれいな空気を

炭塗装の原料に使用されている木炭は、高温で焼かれているため、低温で焼かれた燃料用の木炭とは異なり、電気を通す特性があります。この電気を通す特性は、他の吸着材にはなく、吸着した臭いの元や化学物質を電子の力で分解し、長期間、室内の空気をきれいにすることができるのです。

表面積を広げ、木炭の力を最大限に引き出す技術

木炭の表面にはスポンジのように無数の小さな穴が開いています。この木炭をミクロン単位まで粉砕することで、固形の木炭と比較して1,000倍以上の空気に触れる表面積を持たせ、木炭の力を最大限引き出します。同じ量の固形の木炭と比較しても数十倍以上もの吸着スピードを発揮できるのが炭塗装です。

炭塗装の性質

1.電気を通す(通電性)

物質の分解や電磁波対策に関わってきます。

2.空気を通す(通気性)

湿気は通しますが水は通しません。

3.はがれにくい(密着性)

クロスを張り替えてもはがれることはありません。

4.色落ちしない(耐水性)

水にぬれても周りを汚しません。

5.水分吸収が速い(吸水性)

表面の湿気がみるみるうちに吸収されます。

炭塗装の特性

調湿機能

炭の調湿効果はよく知られるところです。普通室内と比較して約10%の湿度を下げる効果があります。湿度が少ない場合は炭塗装が抱えた水分を放出し、湿度が多い場合は炭塗装が室内の水分を吸収して部屋を快適に維持します。

吸着分解機能

タバコの臭い、台所の生ごみから漂う臭い、下水から立ち上ってくる悪臭や、塗料や接着剤に使われ室内に揮発している目に見えない化学物質などを吸着します。
※化学物質はシックハウス症候群の原因となります。

電磁波吸収機能

高圧線周辺の小児白血病発症率が高いことや、携帯電話による脳腫瘍の可能性など電磁波による人体への悪影響が問題化してきています。電磁波は電界と磁界が交互に発生しており、電界を防御するためには電気を流す特性のあるものが有効です。また、磁界をシールドする材料は磁性材しかありません。炭塗装は電気を流す特性(通電性)があり、電界のシールド効果が望めます。

デザイン性

通常木炭色(黒色)が基調色となりますが、仕上げ材として通気性のクロス仕上げ、専用通気性化粧塗料仕上げ、塗り壁風仕上げが可能なので、機能だけでなくデザインにもこだわったお部屋を作ることができます。

施工事例

炭と電子のチカラで室内を健康環境へ

私たちが一日に口から取り入れる物質の量は、食べ物・水、合わせて4kgに対して、空気はなんと、その5倍の20kg…これだけの空気を口にしています。
もし、この空気が化学物質・ハウスダスト・カビ・ダニで汚れていたら…その汚れた空気を毎日食べることを考えると、いかに空気が大切なのかわかります。

人が生まれる時、まず何を願っているか。それは、生きていくうえで最も基本となる「健康」であることを一番に願います。それから、「快適な生活」や「豊かな生活」が送れることを望み、歳を重ねていくと、また「健康」であることを願います。
できるだけ長く「健康」で快適に暮らしたい。その暮らしを取り巻く環境もまた健康であることが、不可欠です。
そこで、伝統的な知恵(古くからの習慣)に、最先端の技術(新しい発見)をプラスして、開発されたスミキャス。

室内の壁や天井に塗装された炭塗装にマイナスの電気を加えることで室内をキレイにするとともに、木炭と電気の力で室内環境を健康空間に変えることができるシステムです。

機能

つくりだす空気

室内空気環境改善効果について、空気イオン測定器を使用し導入前後での室内空気中のプラスイオン数およびマイナスイオン数の変化の確認を行なっています。表1には、各住居における導入前後の室内のプラスイオンの個数を調べた結果です。A様邸、B様邸ともに室内のプラスイオン数が減少していることがわかります。また、図1にA様邸とB様邸の環境での室内空気イオン比率を示します。これにより導入することで、プラスイオンの少ない、マイナスイオンの多い空気に変化していることがわかります。 ※イオン数は室内の環境によって変動します。

電子の力で免疫空間をつくる

プラスの電気をもった空気(プラスイオン)の中にいるとなんとなく疲れやすい。これは、プラスの電気が細胞などに対して、酸化という化学反応を引き起こすことが原因とされています。 この酸化の原因であるプラスの電気を吸着し除去することでマイナスの電気をもった空気(マイナスイオン)環境に改善します。マイナスの電気をもった空気(マイナスイオン)を体に取り込むことで免疫力を向上させる空間を世界で初めて実現しました。

健康な空気を作り出す

人は日常生活の中でさまざまなストレスを受け、2人に1人はストレスによる現代病と言われる病気で命を落としています。スミキャスの作り出す空間(空気)は、日常生活でボロボロになった体を癒し、空気を体内に取り込むことで免疫力を上げることができます。これからは、健康な空気こそが健康への第一歩です。空気へのこだわり。まさに空気をつくる時代です。

デザイン性

あなたのお部屋に・スタイルに合わせたカラーをお選びできます。

寸法

健康な空気を作り出す

人は日常生活の中でさまざまなストレスを受け、2人に1人はストレスによる現代病と言われる病気で命を落としています。作り出す空間(空気)は、日常生活でボロボロになった体を癒し、空気を体内に取り込むことで免疫力を上げることができます。これからは、健康な空気こそが健康への第一歩です。空気へのこだわり。まさに空気をつくる時代です。

デザイン性

あなたのお部屋に・スタイルに合わせたカラーをお選びできます。

sumicas

寸法

sumicas

施工事例

施工方法と手順

1. ヘルスプロテクト塗装

木炭を原料にした室内環境改善用木炭塗料”ヘルスプロテクト”を室内の壁に塗装します。

*スミキャス施工時はヘルスプロテクトを450g/㎡相当塗装してください。
*ヘルスプロテクト塗装については、取扱説明書およびマニュアル等をよくお読みになり施工を行ってください。
*ヘルスプロテクト塗装についてはこちらを参照ください。

2. 仕上げ塗装

炭塗装を塗装した上に、通気性のあるカラー塗料やクロス等で仕上げを行います。

3. 設置

仕上げを行った壁面に設置します。

*取付については、取扱説明書およびマニュアル等をよくお読みになり施工を行ってください。

*施工時の注意事項
仕上げ材は通気性のある推奨品を使用して下さい。ヘルスプロテクトの吸着特性により通常より壁・天井面が早く汚れやすくなることがあります。仕上げ材によってはヘルスプロテクト専用中塗材を使用してください。下地は絶縁処理材等を使用し、十分な下地絶縁処理施工を行ってください。正常に動作しないことがあります。ご使用の際は取扱い説明書をよくお読みの上、正しくお取り扱い下さい。実際の効果はお部屋の状況やご使用方法によって異なります。本商品は医療機器ではありません。脱臭能力について常時発生しつづけるニオイ成分(化学物質・ニオイ成分)はすべて除去できるわけではありません。脱臭効果は周囲環境(温度・湿度)使用時間・臭気の種類によって異なります。製品の定格およびデザインは改善のため予告なく変更することがあります。製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。

臨床試験データ

臨床試験で実証された空気の力
空気環境における生体影響を調べるため、設置した室内への入室前と入室後の様々な生体検査項目を調べました、設置した環境では、免疫力、特に抗腫瘍免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化することを実証し、学会発表を行っています。なお、検証を行った滞在時間は短期滞在(2.5時間)、中期滞在(2週間)、長期滞在(2年間)で行っています。*NK細胞・・・「免疫」という体を守るシステムの中で特に重要な役割を担っているのがNK細胞です。 NK細胞は体内に侵入してきたウイルスや体内の悪性化した細胞に対し、それらを攻撃し、体を守ってくれる働きを持っています。
検証試験1(2.5時間の短期滞在)
検証試験内容

被験者150名を対象に環境への2.5時間滞在後の生体影響について調べた検証試験。なお、被験者は普通環境およびスミキャス環境の各環境へ入室する前に単純な計算によるストレス負荷を行い、血液検査等の様々な生体検査を入室前後で行った。

*普通環境・・・クロス仕上げを行った平均的な室内で、室内の空気はプラスイオンが優位な環境
*環境・・・室内の壁・天井に導電性木炭塗料を塗装し通気性クロス仕上げを行い、その木炭塗料塗装面にマイナス電圧をかけ、室内の空気をマイナスイオン優位に改善させた環境

検証試験結果

2.5時間滞在

被験者、スミキャス環境への2.5時間滞在

2.5時間滞在することで、普通環境と比較して血液粘度やストレス反応の軽減化、自立神経の安定化に作用する可能性があることがわかり、さらに、NK細胞を活性化させる元になるIL2(インターロイキン2)の増加が実証された。

検証試験2(2週間の中期滞在)
検証試験内容

被験者は15名を対象に、普通環境で2週間、その後 、設置した環境で2週間の合計4週間の中期滞在における生体影響を調べた検証試験。なお、被験者は4週間の間、昼間は就業し、日常の生活を送るものとし、各環境への入室前後の血液検査と心拍測定などの生体反応の検査を行った。

検証試験結果

2週間滞在

被験者、普通環境で2週間、その後設置した環境で2週間の合計4週間の中期滞在

  • 滞在することで、滞在前と比較してNK細胞の活性化が実証された。
検証試験3(2年間の長期滞在)
検証試験内容

被験者7名を対象に実生活スタイルの中での2年間の長期滞在における生体影響を調べた検証試験。主に寝室に設置され、検証期間中、3か月ごとに室内に取り付けられた電源のON/OFFを繰り返し、被験者の生体反応の検査を行った。

検証試験結果

2年間滞在

被験者、実生活スタイルの中での2年間の長期滞在

スイッチをONにしている間、NK細胞の活性化が実証された。