退去時の立会い

賃貸物件による、退去リフォームの
立会い検査を致します。

賃貸物件にて入居者が賃貸住宅から退去する場合の「退去リフォームの立会い」を行い、部屋の設備、内装などの破損箇所の確認や状態を確認しご報告・お見積もりを致します。

オーナー様とご入居者側の立場に立ち、退去時のトラブルののないよう、ガイドラインに基づき、オーナー様が負担するもの、入居者様が負担するものを分類致します。

退去リフォーム立ち合いの主な項目

◆畳・襖・障子
和室(畳・襖・障子)のあるお部屋は、基本的に破損・汚部分のみの補修で対応します。
例外として、賃貸契約のご契約内容によっては、畳の表裏替え、襖・障子の貼替えが賃貸人負担とされている場合もあります。
賃貸契約内容に基づきます。

◆お部屋の壁天井等クロスの状態と床の状態
退去時の補修の大部分をしめます。
天井・壁のクロス・床クッションフロア等は、たばこのヤニや汚れ、故意・過失による損傷(壁に穴をあけてしまった、傷を作った等)の修理・貼替は、ほとんどの場合が借主負担となります。
ベットや家具の足で、床が傷ついた場合も状態次第ですが大半は借主負担となります。

◆網戸、窓ガラス
破損事由に故意過失がなければ、借主の費用負担はありません。
過失による損傷(ガラス割った、網戸を壊した等)は借主の負担となります。

◆エアコン
エアコンは、契約時の賃貸契約書に「エアコン清掃代は借主負担」と記載されている場合がほとんどです。
退去時のハウスクリーニングと掃除に行うことが多いです。
ご入居時やご入居中にに、借主が取り付けたエアコンについては、借主のものの為、取り外しし、エアコンの穴補修を行います。
例外として、入居時に前入居者の残地物としてあった場合のエアコンを使用したは借主側の負担で処分・取り外しとなります。

◆その他注意事項
排水の詰まりや、ゴミや残地物がある場合は、処分費用を別途請求されます。
その他、お部屋全体の損傷・破損・汚れのチェックを致します。
近年、退去時のトラブルが急増しています。
そのトラブルを回避できるよう、基本に基づき立会いをさせて頂きます。

●借主側の負担(一例として)
借主の故意・過失、義務違反、その他日常生活での通常に使用以上に損耗・毀損に対する修理・修繕・工事費用の負担。
居住により発生した建物の価値の減少による修理・修繕・工事費用負担。
例外として、契約時のの条件として退去時の補修・修繕・その他工事が全て借主側負担と取り決める場合もあります。

●借主側の負担(一例として)
物件の経年変化、通常使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるものと考えられます。

退去時の各部屋補修・修理の費用負担はガイドラインが基本となりますが、例外で、賃貸契約時にオーナーさ様側とご入居者側で取り決めを行っている場合もあります。
その場合は、賃貸契約書の内容に基づき、負担工事の判断を致します。
その為、賃貸契約書をご確認させて頂く場合もありますので、予めご了承下さい。